解説城崎温泉の歴史

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
城崎温泉の歴史:コウノトリ1400年余の歴史を持つ城崎温泉は、温泉の郷として親しまれ 外湯を中心に栄えてきた。

飛鳥時代にコウノトリが傷を癒した伝説があり、現在でも「鴻の湯」として幸せを招く湯、夫婦円満の湯などとして知られている。

奈良時代、道智上人が千日の修行を行った末に湧出したことが城崎温泉のはじまりといわれている。

江戸時代には『海内第一泉(かいだいだいいちせん)』と呼ばれ今もその碑が残る。

日露戦争の折は、戦争で負傷した兵士を湯治させるために寮養所を城崎温泉に設置した。

その後も湯治の湯として永く栄え、近世になって学者によって評価され、また多くの文人墨客によって愛されてきた。志賀直哉『城の崎にて』は有名である。


TOPPAGE  TOP